東海道新幹線、700系引退へ

JR東海は10月22日、東海道新幹線で充当されている700系新幹線の置き換えが平成31年度にすべて完了することを発表しました。
JR東海は、700系を置き換えるため、N700Aの投入を進めています。
平成28年度から平成31年度にかけ、さらに20編成のN700Aを追加で投入をします。
この追加投入が終了する予定の平成31年度末には、700系の置き換えが完了しており、すべての車両が快適性、環境性能に優れた「N700A」となります。また、最高速度が285キロに統一されます。
追加投入される編成は、地震ブレーキの停止距離が従来のN700Aに比べて、約5%短縮するブレーキシステム、また走行中の車両データの監視を強化して故障を未然に防ぐ機能の強化によって、質の高い検査の実現や安定性向上を図っています。

「刃物のない世界」の動画が話題

野菜にチョップするお母さん、ガムテープでひげを抜く中年男性、客の髪を噛みちぎる美容師…。岐阜県関市が制作したPR動画が9月30日に公開され、早くも話題を集めているそうだ。動画は同市の地域ブランドである”関の刃物”のPRを目的に制作された作品で、「刃物が存在しない世界」を舞台に奇妙な行動をとる人物が描かれる。市の特産品である”刃物”をPRする動画にもかかわらず、ラストまで”刃物”を登場させない関市の狙いとは…。
話題の動画「もしものハナシ」は1分17秒で、生活に欠かせない刃物が無い各シーンで苦心する人々が描かれている。包丁が無いためにチョップで野菜を切ろうと知るお母さん、カミソリが無いためにガムテープを使ってひげを抜く中年男性、理容用刃物が無いためお客さんの髪を歯で噛みちぎる美容師と、全体を通して同市の特産品である刃物は一切登場しない。
「刃物が無ければ人はどれだけ困るのかを伝えるため、あえて最後まで刃物は出さない構成にしました」と話すのは関市のPR担当者。ラストでは『刃物のない、人生なんて。』という言葉が使われ、何の刃物が無いために登場人物たちが奇想天外な行動をとっていたか分かる展開になっている。
関市はイギリスのシェーフィールド、ドイツのゾーリンゲンと並ぶ世界有数の刃物工業都市。刃物製品出荷額の全国シェアを見ると、包丁で約5割、理容用刃物で約7割を占めるなど日本の刃物産業の基軸となっていることが分かる。
一方で市が行った調査によると、関市の特産品が”刃物”であること自体の認知度の低さが挙げられていた。関市の担当者は「こうした状況の打破は市の課題だったようです。今回のPR動画は、特に認知度の低かった20~30代が好む内容に照準を当てました」と話す。
全国的に見ても各都道府県の自治体がここ数年、インパクトやユニークさで興味を引くPR動画の制作に力を入れている。今回公開された関市のPR動画は「日本一の刃物のまち」の認知度拡大を目指して制作されたもの。関市の担当者は「海外の方でも理解できるように、セリフを一切入れていないのもポイントです。『日本一の刃物のまち 関市』を世界にもアピールできればと呼びかけていた。こうしたユニークな動画で興味を持ってもらい、観光客などの集客も上がればいいのだが。

元カリスマホスト城咲仁さんの今

日本一有名なホストクラブでもある、新宿・歌舞伎町の「クラブ愛」で5年間、「ナンバーワンホスト」として君臨し、芸能界に転向後も「カリスマホストキャラ」でバラエティーに引っ張りだこだった城咲仁さん。
襟足が長い茶髪にスーツ姿が懐かしい。しかし、今どうしているのでしょうか。
カリスマホストの現役時代は、移動は1400万円の新車のベンツ、豊島区内の家賃40万円、4LDKマンションに暮らし、年収は1億円を超えていたという。
また、一晩で2500万円稼いだこともあったという。
しかし、だんだんおかしな現象が起き始めたという。韓流のヨン様のように、「仁様、仁様」と呼ばれ、お金を持ってきたので、隣に座っていただけますか?なんて女性も現れたといいます。でもそれは異様な光景だったと城咲仁さんはいいます。
徐々に疑問を持つようになり、6年間のホスト生活に終止符を打ち、芸能界へ転身した城咲仁さん。
芸能界に入って10年がたつ現在は、都内の1R10万円の賃貸マンションに暮らし、普通の生活をしているという。

神の島に今も残る「女人禁制」

7月28日、福岡県宗像市の沖ノ島が世界文化遺産登録の国内候補に選ばれた。「神の島」と呼ばれるこの島には、今も独特なしきたりが残っているそうだ。島全体がご神体とされる沖ノ島。千数百年前からの祭祀遺跡があり「海の正倉院」とも呼ばれている。
沖ノ島は福岡県宗像市の沖合約60キロの玄界灘に浮かぶ周囲約4キロの孤島で、港を除く全島が宗像大社沖津宮の境内になっている。4世紀後半~10世紀初頭の大和王権による祭祀遺跡が確認されている。建物は鏡や玉類、武器、馬具、装身具など8万点に及ぶ。朝鮮半島製の金の指輪や中国製の金銅製竜頭なども発見されているという。
2017年の世界文化遺産の登録を目指す候補として、国内から「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)を推薦することを7月28日、文化審議会が決めたそうだ。政府は9月末までに暫定版の推薦書をユネスコに提出し、閣議了解を経て来年2月1日までに正式な推薦書を出すとのこと。
神域である島に入るにはしきたりがある。神職がただ一人勤務する社務所横の浜で衣服を脱ぎ、首まで海に入って禊ぎをしなければならない。冬でもこのしきたりは守られているそうだ。
また島は女人禁制で、女性が入ることはできない。島内で見聞きしたことを漏らしてはならない「お言わず様」というしきたりもあり、一木一草も持ち帰ることは許されない。
島には宗像大社から神職が交代でやってきて1人で島を守る。絶海の孤島では携帯電話も入らないので、『むこう』ではできないまとまった仕事ができるそうだ。ひちりきなどの楽器の練習をする人もいるそうだ。漁師が魚を献上してくることもあり、船に乗り込み一緒に夕食を食べることもあるという。漁師にとっても島は神聖な存在で、侵攻は暮らしに根付いているそうだ。
沖ノ島には触れてはいけない禁忌の姿が残っているという。古来から日本人が守ってきた自然への敬い禁忌を貫く矜持が、この度の世界遺産登録候補に選ばれたことによって失われなければいいのだが。

男だけディズニー急増中

ディズニーといったら、好きな女性とのデート、彼女とデートと考える人が多い中、ここ最近、「男だけディズニー」が急増中だという。
「男だけディズニー」とは、その名の通り、男だけでディズニーに行くこと。
男同士でワイワイ盛り上がることが目的である。中には、男性5、6人で訪れ、全員お揃いのTシャツを購入、着用してパークを楽しむといった強者までいた。
数年前までは、男同士でディズニーなんて考えられない人も多いのではないだろうか。
しかし、男同士でのディズニーは女性に気を使うことなく、アトラクションを回ったり、疲れたらグダグダ休んだり、男ならではのノリで盛り上がったりと女性で行くのとはまた違う面白さ、楽しさがあるようだ。
「男だけディズニー」。あなたも気心知れた友達と行ってみてはいかがだろうか。

検索で「自分は賢い」と錯覚?

「ネットによる情報検索は、実際以上に自分が賢いと錯覚させる」という米国の研究者による研究結果が米心理学会の専門誌に掲載されたそうだ。検索ユーザーはネット上の知識と自分の知識を混同してしまう傾向があり、研究者は「正確な知識を身につけるのは難しいことだが、ネットはそれをさらに困難にしている」という。
ある実験では、対象者をネット検索を使っても良いグループとそうではないグループに分け、「ジッパーはどういう仕組み?」といった4つの質問に答えてもらった。その上で4つの質問とは無関係な別の質問を示したところ、ネット検索を使っても良いグループはそうではないグループに比べ「自分はその質問に答える能力がある」と考える傾向にあったという。検索を使えるグループは、正確な回答が見つからないようなとても難しい質問や、Googleのフィルターによって回答が見つからないようになっている質問をした場合でさえ自分の知識は十分にあると感じる傾向にあったそうだ。「”検索モード時”の認知作用はとても強力で、検索で何も見つからなかった時でさえ人々は自分を賢く感じているようだ」と研究者は述べている。
質問に答えられないということは、自分がその答えを知らないから、というのは明らかだ。だがインターネットでは、『自分が知っていること』と『自分が知っていると思っていること』の線引きがあいまいになってしまうそうだ。スマートフォンの普及で常にネット環境が手元にある現在、この問題は深刻化している可能性があるという。また早くからネットに親しんでいる子どもへの影響も懸念されるという。こうした傾向が、多くの利害関係が存在する政治などの分野に持ち込まれると危険だとも警戒する。「決断が大きな結果をもたらすようなケースでは、自分自身が持つ知識を見分け、本当は知らないことについて知っているかのように考えないようにすることが重要になるだろう」としている。またネットで流れている情報を何でもかんでも鵜呑みしてしまうことも危険だ。情報が溢れている時代だからこそ、自分でしっかり知識を身につけることが重要だ。

面識がない女性にキス

和歌山県で、電車内で面識のない女性にキスしたとして、イタリア国籍の40歳の男性が県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたそうだ。容疑者の男は容疑をおおむね認めているとのこと。「キスをしたのは間違いないが、日本の法律に違反しているとは思わなかった」と話しているという。御坊署によると、男は4日午後5時48分ごろ、JR紀勢線岩代~南部駅間を走る電車内で、座っていた21歳の女性に近づき額にキスをした疑いがある。同署に「手などにキスをしてくる大きな外国人がいる」と情報が寄せられ、警戒中の署員が男を逮捕したそうだ。イタリアでは電車内で知らない女性にキスをすることは許されているのだろうか?ただ単に文化の違いということではない気がするのだが。

プチ束縛?

男性が嬉しくなってしまう「プチ束縛」とやらがあるらしいので少し調べてみました。
わかっているけどやってしまう束縛。本当はしたくないけど、その行動が束縛になっているかもしれません。
せっかく大好きな人と交際しているのだから、長続きしたいですよね。そんな時は「プチ束縛」で相手と上手にお付き合いしましょう。
軽い束縛は逆に愛情を深めることになります。では、実際にプチ束縛とはどのようなものなのでしょうか。
昨日は何していたの?なんで電話に出なかったの?それはやっちゃダメ!なんでそんなことするの?などの発言は相手にとって重く感じてしまいますよね。なので、言い方がポイントです。私以外の女の子とあんまり仲良く話さないでね。と可愛く言うと効果的なプチ束縛になります。とにかく重要なことは可愛い感じを出すこと。それとさりげないペア物を。マグカップなど歯ブラシなどちょっとしたものをお揃いにしてみましょう。このようにプチ束縛は恋愛において効果的に働きます。あなたも実践してみてはいかがですか?

文豪の愛の手紙

日本近代文学を代表する作家の一人、谷崎潤一郎と長編「細雪」の4姉妹のモデルになった妻・松子やその妹・重子などとの間で交わされた未公開の手紙288通が見つかったそうだ。昭和初期には谷崎が結婚に関する誓約書を松子に2度送り、「忠実に御奉公申上べく候」と崇拝の念を記すなど、社会的にも注目された激しい劇場型の恋愛過程を伝えているようだ。手紙は谷崎家の遺族が東京都内で保管していた。1927年から36年間にわたり、谷崎の書簡が180通、松子が95通、重子が13通。

谷崎は27年3月に松子と初めて出会ったが、当時谷崎にも妻子がいた。作家・佐藤春夫を巻き込む恋愛事件を起こし30年に離婚。松子に思いを残しつつも別の女性と再婚し、その後離婚している。

松子は谷崎にあった10日後に手紙を出している。28年12月30日には「あなた様の夢をあけ方覚めるまで見つづけました」と思いを記した。谷崎の書簡は32年8月14日以降のものが見つかった。これは盲目の三味線の女師匠に仕える奉公人を描いた代表作「春琴抄」などの執筆時期にあたる。現実の恋愛と創作を重ねるかのように、自信を手紙で「家来」と呼び、松子を崇めている。前妻と事実上離婚した33年5月には、永久に「御高恩」を忘れず、忠僕として奉公すると誓い、全身全霊を捧げている。35年、谷崎48歳、松子31歳の時に結婚式を挙げ、生涯寄り添った。

現実は小説よりも奇なりと言う言葉があるが、まさしくその通りだな。

近い将来消える職業が話題

近い将来に「消える職業」がたびたび話題になっている。去年から今年にかけて、複数のメディアに記事が出ている。今後のIT化によって、必要ではなくなる職業を予測したもの。予想されていた職業には、電車の運転士、車掌、スーパーのレジ係、ホテルの受付、仕立て屋などが挙げられていた。コンピューターやロボットが代わりにできそうな職種は、近い将来なくなるというのだ。消える可能性が低いとされているものは、経営、財務、エンジニア、教育、芸術、ヘルスケア業務。このような職種はコンピューターによる影響は少ないとされている。しかし、消えるだけではなく新しい職業が増えることも期待されている。2020年、2030年とどんな未来が待っているのだろうか。