秋と勘違い?スズムシもう鳴き始める

暖かくなり花粉が飛び始め、春本番に向けて生き物が活発化してきた。春がきて梅雨に入ってセミが鳴き始め、夏の終わりには夜にスズムシやコオロギが鳴くようになる。
ところが、暖冬の影響なのか、神戸大学文学部准教授の河島真さんが飼育しているスズムシがすでに鳴き始めているという。
昨年12月に、もう卵から孵化してしまい、今月から鳴きだしたそうだ。昨年は、孵化したのが4月、鳴き始めたのは7月だった。今年はすでに100匹は孵化しているそうだ。
伊丹市昆虫館の学芸研究員の長島聖大さんは「飼育環境が暖かければ十分にあり得る」と話した。
暖冬は、これから夏にも影響してくるか。