電気ケトルうどんに注意喚起

「うどんの画期的なゆで方」として、電気ケトルを使った方法がネット上で話題になっているそうだ。水を入れた電気ケトルに冷凍うどんを入れて沸騰させ、フタを閉めたまま湯切りするといった作り方だそうだ。確かに手間は省けるが、安全上の問題はないのだろうか?
人気ブランド・ティファールの販売元は「やけどや故障のおそれがあるので止めてほしい」と呼びかけているという。
コップ数杯のお湯をすぐに沸かせる電気ケトル。価格の安さやおしゃれなデザインが魅力で、保温機能はなくお湯が沸いたら電源が切れる製品が多いのが特徴だ。
今回話題になっているうどんの作り方は、とても簡単。沸かす前の電気ケトルに冷凍うどんを入れてスイッチを入れるだけ。注ぎ口からお湯だけを捨てれば、湯切りも簡単にできるというものだ。
ネット上でこの方法が紹介されると試す人たちが相次ぎ、「天才的すぎる」「早ゆで&ザルいらず」「掃除がめんどくさい」「壊れちゃうだろ」などと話題になった。
このうどんの作り方にティファールの販売元である「グループセブ ジャパン」の担当者は「電気ケトルのこのような使い方は禁止事項です。中にものを入れて沸騰させるとふきこぼれて、やけどをする恐れがあります。また、うどんの場合はでんぷん質の泡が出てしまいます。電気ケトルは蒸気を感知して自動で電源が切れる仕組みなので、でんぷん質の影響でこうした仕組みが機能しない可能性や、下に設置された電気プレートに付着して故障しかねません」と話す。
確かに便利で画期的な作り方かもしれないが、正しくない使い方をしてやけどをしたり壊してしまったら元も子もない。うどんはちゃんと鍋でゆでるのが一番良さそうだ。