神の島に今も残る「女人禁制」

7月28日、福岡県宗像市の沖ノ島が世界文化遺産登録の国内候補に選ばれた。「神の島」と呼ばれるこの島には、今も独特なしきたりが残っているそうだ。島全体がご神体とされる沖ノ島。千数百年前からの祭祀遺跡があり「海の正倉院」とも呼ばれている。
沖ノ島は福岡県宗像市の沖合約60キロの玄界灘に浮かぶ周囲約4キロの孤島で、港を除く全島が宗像大社沖津宮の境内になっている。4世紀後半~10世紀初頭の大和王権による祭祀遺跡が確認されている。建物は鏡や玉類、武器、馬具、装身具など8万点に及ぶ。朝鮮半島製の金の指輪や中国製の金銅製竜頭なども発見されているという。
2017年の世界文化遺産の登録を目指す候補として、国内から「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)を推薦することを7月28日、文化審議会が決めたそうだ。政府は9月末までに暫定版の推薦書をユネスコに提出し、閣議了解を経て来年2月1日までに正式な推薦書を出すとのこと。
神域である島に入るにはしきたりがある。神職がただ一人勤務する社務所横の浜で衣服を脱ぎ、首まで海に入って禊ぎをしなければならない。冬でもこのしきたりは守られているそうだ。
また島は女人禁制で、女性が入ることはできない。島内で見聞きしたことを漏らしてはならない「お言わず様」というしきたりもあり、一木一草も持ち帰ることは許されない。
島には宗像大社から神職が交代でやってきて1人で島を守る。絶海の孤島では携帯電話も入らないので、『むこう』ではできないまとまった仕事ができるそうだ。ひちりきなどの楽器の練習をする人もいるそうだ。漁師が魚を献上してくることもあり、船に乗り込み一緒に夕食を食べることもあるという。漁師にとっても島は神聖な存在で、侵攻は暮らしに根付いているそうだ。
沖ノ島には触れてはいけない禁忌の姿が残っているという。古来から日本人が守ってきた自然への敬い禁忌を貫く矜持が、この度の世界遺産登録候補に選ばれたことによって失われなければいいのだが。