検索で「自分は賢い」と錯覚?

「ネットによる情報検索は、実際以上に自分が賢いと錯覚させる」という米国の研究者による研究結果が米心理学会の専門誌に掲載されたそうだ。検索ユーザーはネット上の知識と自分の知識を混同してしまう傾向があり、研究者は「正確な知識を身につけるのは難しいことだが、ネットはそれをさらに困難にしている」という。
ある実験では、対象者をネット検索を使っても良いグループとそうではないグループに分け、「ジッパーはどういう仕組み?」といった4つの質問に答えてもらった。その上で4つの質問とは無関係な別の質問を示したところ、ネット検索を使っても良いグループはそうではないグループに比べ「自分はその質問に答える能力がある」と考える傾向にあったという。検索を使えるグループは、正確な回答が見つからないようなとても難しい質問や、Googleのフィルターによって回答が見つからないようになっている質問をした場合でさえ自分の知識は十分にあると感じる傾向にあったそうだ。「”検索モード時”の認知作用はとても強力で、検索で何も見つからなかった時でさえ人々は自分を賢く感じているようだ」と研究者は述べている。
質問に答えられないということは、自分がその答えを知らないから、というのは明らかだ。だがインターネットでは、『自分が知っていること』と『自分が知っていると思っていること』の線引きがあいまいになってしまうそうだ。スマートフォンの普及で常にネット環境が手元にある現在、この問題は深刻化している可能性があるという。また早くからネットに親しんでいる子どもへの影響も懸念されるという。こうした傾向が、多くの利害関係が存在する政治などの分野に持ち込まれると危険だとも警戒する。「決断が大きな結果をもたらすようなケースでは、自分自身が持つ知識を見分け、本当は知らないことについて知っているかのように考えないようにすることが重要になるだろう」としている。またネットで流れている情報を何でもかんでも鵜呑みしてしまうことも危険だ。情報が溢れている時代だからこそ、自分でしっかり知識を身につけることが重要だ。